伏耳録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野サンプラザにロマンは在るのだろうか?

Sound Horizon Concert Tour 2006 『Roman ~僕達が繋がる物語~』
超楽しかったー!ヽ(´▽`)ノ 以下レポはネタバレになるので、
ネタバレがいやな人は回れ右で。一番アレな部分は色反転にします。

そんなわけで、今日は中野サンプラザまで行ってきました。1時間前
で玄関前にはすでに人だかり。並んでる間レイヤーさんを見て和んで
ましたよ。ABYSSの5人娘のレイヤーさんが揃って並んだりしてて、
至福でした(´▽`)。開場は18時予定だったものの、結局延びて18時半
ちょい前に開場。

入場とともに、仮面舞踏会で付けるようなマスクと戴冠式へのご招待状をいただきました。
入場後はすぐグッズ購入者の列に並んで、まずペンダント、携帯ストラップ、チョーカー
げっとしてきました。ふへへ(゜▽゜)ノ□
オレの席は2階席だったんだけど、前が通路そして中央の席だったので超見やすい位置!
やったー。キャッツで買ったオペラグラスも装備でカンペキ。しばらくしていよいよ開演。

戴冠式が始まりました。全員がマスクを付けて見守る中、領主様が国王様になられました。
そして領民も国民へ。戴冠式が終了して、いよいよRoman の「朝と夜の物語」が演奏開始。
謎のボーカル Hiver Laurant はやはりRevo氏でした(笑)。紫陽花の姫君と菫の姫君は
ジャケットのイラスト通りの衣装で登場。めちゃ可愛い(*´▽`*)。そしてやっぱ生演奏は
ええっすな。ただ最初の方の曲では台詞がほとんど聞き取れませんでした。それがちょい
残念なところ。その後はアルバムの曲順通りに進む中、じまんぐ氏の登場で盛り上がる客席。
彼のパフォーマンスは、楽園パレードのDVD観てた以上にすばらすぃかった。呪われし宝石や
黄昏の賢者など何曲かはオールスタンディングで盛り上がりまくり。やーアツかったー!
最後は完全にスタンディング状態。アンコールでは恒例の澪音の世界、神々が愛した楽園、
終端の王と異世界の騎士、そして再アンコールでYieldを皆で合唱。さらにサビは今回初という
公式の振り付きで!楽しかったっすわー!ヽ(´▽`)ノ

第2期の歌姫:REMI嬢<YUUKI嬢<KAORI嬢(身長順)は、今回のコンサートで初めて見たけど、
好感もてました。REMI嬢は一番小柄でトーク中はやたら可愛い声の人でした。しかし歌うと高音
がものすげぇの。アンコールの終端の王で、アーアーアー↑ってキーが上がってく箇所が、
生で、鳥肌。震えたYo!((´□`))。YUUKI嬢は衣装から清楚な印象で、歌も大人しくて可愛い系
担当な感じで。KAORI嬢は燃えるような衣装で、ひたすらにカッコイイ。声も歌もカッコイイ系
担当だねー。最後にFFXの「素敵だね」のRIKKI嬢を加えた4人がコンサートの歌姫でした。

以上、中野サンプラザ…其処にロマンは在りました。

この記事に対するコメント

お疲れ様でした。
(以下ネタバレ有り注意)
いや~、楽しかったですね!
今までのコンサート・イベントの中でも一番ではないかと。
視覚的な演出ではやはり楽園パレードの方が上でしたが、会場との一体感が素敵でした。

REMI様(FCイベントでREMIチーム代表になったので『様』)は羽根扇子が良く似合っておりましたね。
貴族の雰囲気たっぷりで。
ダイさんは、追加公演には行かれますか?
(私は行く予定です)
【2006/11/27 13:01】 URL | コーリィ・ヤマネ #ICazf28Y [ 編集]


お疲れ様でしたー。ええ、すごく楽しかったですヽ(´▽`)ノ
オレは追加公演は申し込んでないのですよ。
最前列にカメラがいたので、いずれDVDが出てくれるんじゃ
ないかと期待しつつ待ち。
コーリィさんは追加公演も楽しんできてくださいませー。
【2006/11/28 22:33】 URL | d@i #VWhinffg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿










この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://husemimi.blog34.fc2.com/tb.php/295-50e5a3e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
† カレンダー

† 最近の記事
† 最近のコメント

† 過去の記事

 ▲年をClickで月表示

† 記事検索

† プロフィール

d@i

Author:d@i
d@iとダイと伏耳の日常の記録。
コメントはご自由にどうぞ。

mixiのプロフィールを表示します

† CM
† 管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。