伏耳録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二の地平線

それじゃ、Moira開始。
…の前に。カンペ用意。そう、Moiraは台詞どころかルビもふられてないわけで
カンペが必須。オレはmixiの『Sound Horizon θ Moira歌い隊』コミュ使ってました。
てか、他のオフ参加者もかなりこのコミュに参加してたw

あと、肝心のパート分け。ふんぬさんに聞いてみたら、じまんぐもアイクもいけますよ。
なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇΣ(´□`) いきなり最強の男性パートナーでした。
そんなわけで、タナトスオレトス。アイクはふんぬさん。ミュー&フィーは女性陣で。
以降のパートは一曲ずつ歌い終わってから決めることに。

それでは気を取り直してMoira開始。冥府へヨウコソ!

◆冥王
しょっぱな、ふんぬさんのアイクすげぇぇぇぇぇ。めっちゃいい声。しかも何も見てねぇ。
次に女性陣のハーモニー マイクなしだったんだけど超きれいでヤバトス。
(`×´)殺 Ψ(`▽´)Ψメッ
ウワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!ヽ(`□´)ノ←オレだ
そう、我コソガ (ターナートース)←ここ聴いてるときがすごく気持ち良い。

◆人生は入れ子人形
ズボリンスキー:ふんぬさん エレーネ:harukaさん コーラス:女性陣
オレ聴いてた(*´▽`*)←すごい嬉しそう
ああ、君たちはもう良い言われて一緒に帰る役と作業再開ハラショーで混ざってみた。
ふんぬさんのじまんぐがうまいったらもう。すごくなんか胡散臭かったですw
女性陣の「登りは険しき坂道も~」の重ねて重ねて入るのが再現されててたまらーん。
ちょこちょこ黒姉さんやふんぬさんが台詞入りしてたのも聞き逃さない。
harukaさんのエレーネがまた良くて、デュエット入ってからさらに聴き入りまくり(´▽`)

◆神話
六女神。ちょうど6人いるねーってオレらも数に入れられてる!?Σ(´△`)
そんなわけで六女神の紹介は、なでしこさん→黒姉さん→harukaさん→ふんぬさん→
オレ→はなこさんの順で回しました。や、楽しかったw 他の部屋はどうだったんだろ?
アイクはふんぬさんのターン。そして女性陣のハーモニー部は超聴いてた(*´▽`*)悦

◆運命の双子
冒頭の「エレフー」「ミーシャ」のじゃれ愛はharukaさんと黒姉さんが担当
ちびっこの台詞は女性の方が可愛くてよいのですよ、うんうん。
ここもアイクはふんぬさんにまかせっきり。かっこええよー。
アイクの後は女性陣の歌声に聴き入る。ヤバトス(´▽`)聴いててすっげ心地好い
そして、最初の戦い!
ふんぬさん「探したぞ、ポリュデュケス」  オレ「スコルピオス殿下・・・」
やっべー楽しすぐるヽ(`▽´)ノ

◆奴隷市場
なでしこさん、はなこさんがメインだったような。
ここもオレは聴き姿勢で(´▽`)女性ボーカルだけの曲はめっちゃ聞き惚れてた。
オレはときどき奴隷をののしってました。
でもって、この曲で部屋1の座席配置にぴったりな場面が
「エレフ!」「ミーシャ!」
手をのばしながら叫ぶオレとふんぬさん
テーブル+空きスペース+テーブルをはさんで
同じく手をのばしながら叫ぶ黒姉さん ちょ、タイミングぴったりだったwww

◆雷神域の英雄
レオンのターン。レオンやらせてもらいました。王子!王子!
男性は一番この曲が安定して歌いやすいと思うんだ。ゆえに、きっと取り合い必至。
オレレオンやる、オレもレオンやる、じゃあオレカストル…「どうぞ」「どうぞ」
カストルはふんぬさんにやってもらいますた。「うむ 御苦労」 ←何偉そう
女性陣には最初と最後の高音をやってもらってワーイ(´▽`)
最後の台詞「殿下、立派な兄君にお成りなさいませ」と、
「イサドラ様、ご案じなさいますな。ここは私めにお任せください」 かまずに言えたよ!

◆死と嘆きと風の都
女性陣のターン。あれ、「あたいの鉄拳が火を噴くよ?」 は誰だ、黒姉さん?
なんかどっかでふんぬさんが台詞に混ざって「なぬ!?」ってなってたような記憶が…
たしかharukaさんと黒姉さんが掛け合いしてたはずなので、ちびミーシャか?w
変態神官はふんぬさんまた再現率高ぇw 変態あぶなーい
オリオンとちびエレフはharukaさんと黒姉さんで。
harukaさん@オリオンが必殺!弓が撓り弾けた焔、夜空を凍らせて 射ち!
そして女性陣のイーリオン、イーリオンがきれいにハモってて、また聴き惚れてた。


―いったん、ここで一区切り。レポート長ぇよばか!黙らっしゃい!
まだ部屋1が終わってない(爆)まぁ、今回ミラカラでハモリが一番メインだからね。

次回、第三の地平線。
突如襲った『混雑中』という名の悲劇。「運命は残酷だ されど彼女を怖れるな
女神が戦わぬものに 微笑む事など決してないのだから・・・」 ご期待ください。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿










† カレンダー

† 最近の記事
† 最近のコメント

† 過去の記事

 ▲年をClickで月表示

† 記事検索

† プロフィール

d@i

Author:d@i
d@iとダイと伏耳の日常の記録。
コメントはご自由にどうぞ。

mixiのプロフィールを表示します

† CM
† 管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。