伏耳録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOC昔話-教皇編-

ひょんなことから魂の弟者に教皇絵を新しく描いてもらった記念に、KOCをプレイしてた
頃を思い出してずらずら書いてみるか企画。いまから8年以上前のお話。あ、描いて
もらった絵はmixiフォトアルバムに飾ってます。

KOC=KINGDOM OF CHAOS(キングダムオブカオス)
一応ネットゲーム。いろいろ遊びが増えたけど、結局掲示板での交流がメインじゃね?
ざっくり説明すると、ネバーランドっていうファンタジー世界に、人間、魔族、エルフと
いった種族の中から、自分のキャラクターを作成。そのキャラクターを演じながら、他の
キャラクターたちと、掲示板や派生した個人HPのチャットを通して交流するっていう。
あれだ、テーブルトークRPGがわかる人は、それと同じノリだと思ってもらえればいい。

んで、まぁ最初は自分のオリジナルキャラクターを考えるわけですが、
まずこのKOCの世界って、スペクトラルフォースってゲームの世界がベースなんですよ。
オレとか、KOCが始まった当初は、このゲームのファンがほとんどだったんですね。
ファンなので、やっぱり憧れのスペクトラルフォースに登場するキャラに絡めた設定を
考えたくなるわけですよ。オレもその一人。

オレのキャラクター設定は、魔族で聖職者っていう変わり者。
スペクトラルフォースで、魔族の男性と人間の女性が、敵対する異種族間なのに、種族
を越えて愛し合うっていう話があって、それに共感して愛という感情はなんてすばらしい
んだ、これはぜひとも広めなければ!的な宗教(爆)家に目覚めたという。んで、崇める
対象が、ゲームに登場する有名なキャラだったので、その後信者も結構集まったりして、
気付いたら神父から教皇になって、通称教皇で定着することとなる(笑)。

さて、設定が決まったところで次は外見。
一応各種族の外見は用意されているんだけど、KOCでは、自分で描いた絵に差し替え
られるんですよ。この機能のおかげで、当時あれだけの人が集まったと思うんだ(´ω`)

まず初期の頃は、自分で絵描ける人はオリジナル、描けない人は用意された外見で。
しばらくしたら、KOCの中で、外見の特徴を教えてくれれば代わりに描きますよっていう
絵師さんが登場。次第に絵師さんに描いてもらった人も、絵師さん自身も増えてきて、
ある絵師さんに描いてもらった人の外見を見て、自分もこの絵師さん描いてもらいたい!
って人が増えて…KOCでは、絵師さんという存在がどんどん大きくなっていったのでした。
魂の弟者とのファーストコンタクトも、描いてもらいたいってメッセージしたのがハジマリ。

む、寝る時間だ。今日はここまで。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿










† カレンダー

† 最近の記事
† 最近のコメント

† 過去の記事

 ▲年をClickで月表示

† 記事検索

† プロフィール

d@i

Author:d@i
d@iとダイと伏耳の日常の記録。
コメントはご自由にどうぞ。

mixiのプロフィールを表示します

† CM
† 管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。